1. BMI22.6 純文学とは。

    みや

    吉直樹さんの「火花」が純文学との事で、純文学とはで検索したら、「純粋な芸術的感興を唯一の必然として書かれた小説をさす、文芸用語」だそうです。 「火花」は漫才を題材にした小説で、登場人物が魅力的で非常に読みやすく、映像化に向いてい...

    みやのゆるMEC食ブログ  2017年10月18日 07時29分
    関連キーワード  BMI 又吉直樹 火花
  2. 山本賢治(暴力塾講師)ふじみ野市の塾は?顔画像を調査!

    まさやん

    される人物のようです。山本賢治の顔画像や人物像は? 国語の指導を中心に指導歴20年のベテラン教師です。日本語をしっかりと使いこなして、正しく国語力を培うことをモットーとしています。また無類の読書家で、純文学からライトノベルまであらゆるジャンルを網羅現代文の読解問題での的中経験もあるほどに国語の造詣の深さがあります。時に楽しく、時に厳しく、生徒たちをサポートしています。このように紹介されていることから知識...

    まさやんのネタブログ  2017年10月18日 00時19分
    関連キーワード  山本賢治 暴力 塾講師
  3. 【宝塚】とうとうサヨナラ公演開幕☆宙組公演観劇して来ました☆

    モモサラダ

    って参りました。東京宝塚劇場にて公演中の宙組公演「神々の大地」「クラシカルレビュー」。純文学と聞いていたしロシア革命の時代と聞いていたので身構えていましたが実際に観てみるとラブストーリーが濃くて私は好きな内容でした。ロシア革命にも興味持てたので観劇後に少しググッてみましたがやっぱり本物は難し...

    Happy OL モモサラダの徒然日誌  2017年10月17日 23時50分
    関連キーワード  宝塚歌劇団 ウトウ サヨナラ公演
  4. 本格推理10 独創の殺人鬼たち:鮎川哲也の感想

    osudame

    来だが、今回は相手が悪すぎたという思いが強い。それぞれの作品の文章もしっかりしており、クイズの正解だけではない何かを胸に残す。その他残念だったいくつかの短編について。「鉛筆を削る男」は最後の真相が最も純文学的で抽象的だったのががっかりした。これを真相とするならばそれまで繰り広げられた他の推理を選んだ方がマシだった。 読者への挑戦が挟まれた「肖像画」はちょっと奇抜すぎる。驚愕の真相を狙ったのは買うが、ちょ...

    オスダメ!?ミステリー小説  2017年10月17日 23時01分
    関連キーワード  本格 殺人鬼 鮎川哲也
  5. コンビニの美味しいチキン?

    ヨハネ

    ( 112 )Jロック ( 23 )サッカー ( 7 )日記 ( 39 )デザイン・アート ( 15 )memo ( 12 )洋楽 ( 6 )統合失調症 ( 52 )SF ( 8 )幸子 ( 0 )純文学 ( 13 )平成徒然草 ( 12 )賛美 ( 6 )Jesus ( 88 )只家氏 ( 3 )信仰のパン ( 8 )聖書 ( 26 )煙草 ( 1 )教会 ( 1 )短編 ( 12 )祈り ( 2...

    ハレルヤと笑ってみようよ  2017年10月17日 21時42分
    関連キーワード  コンビニエンスストア 鶏肉 本文
  6. 学研 『 乳酸菌のひみつ 』

    ふみえ

    新田次郎 (09/05)武田信玄 【 2 】、横山光輝・新田次郎 (09/05)武田信玄 【 1 】、横山光輝・新田次郎 (09/05)大坂冬の陣・夏の陣?歴史を変えた日本の合戦 (09/05)文豪・純文学!_ 読んだ本_ 本棚形式一覧 (09/03)まどみちお、美智子 『 どうぶつたち 』 (09/03)『最果てにサーカス 3巻』【完】、中也と長谷川泰子 (09/03)『 最果てにサーカス 2巻』、中...

    こんばんは、向井くん!  2017年10月17日 21時41分
    関連キーワード  学研ホールディングス 乳酸菌 からだ
  7. 火花

    映画告知情報

    イントロダクション】第153回芥川賞受賞作「火花」(又吉直樹著)が映画化!原作は、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹の初純文学作品。漫才の世界に「夢」を持って身を投じるも、結果を出せず底辺でくすぶっている青年【徳永】と、強い信念を持った先輩芸人【神谷】が出会い、「現実」の壁に阻まれ、「才能」と葛藤しながら歩み続ける青春物語で...

    映画予告編情報  2017年10月17日 16時21分
    関連キーワード  火花 イントロダクション 芥川賞
  8. 文字の大きさ、今昔

    かかと

    敗だな見にくいけど、文庫の文字も すごく大きくなっている。 文庫の場合は、文字だけでなく、表紙が 出る度に変わっていく。 出版社が、それぞれ出すので、当然だけど。最近は、漫画のような 表紙が多いなぁ、純文学でも。好き嫌いだからいいけど。以前に、ブックカバーの事を書いたけど、単行本などのカバーには 新聞の文字がない、全面写真のようなところを切って、カバーにすると 薄く、剥がれにくく、私は、気に入ってる。上...

    多発性硬化症と、趣味、コレクションのブログ  2017年10月17日 11時19分
    関連キーワード  文字 今昔 気持
  9. 『鳩の撃退法』 佐藤正午

    飛将

    本今年読んだ小説で、今のところ文句なくベスト1です。ほとんどパーフェクトな作品だと思うのですが、強いて言うならばタイトルが少しもったいない気がしますね。このタイトルだと、なんかちょっと地味でシュールな純文学っぽい雰囲気が出てしまい(僕も読むまでそういう本だと思っていた)、手に取る人が減ってしまうのではないでしょうか?実際は、ハラハラするサスペンス的要素が多いんですけどね。佐藤正午氏の作品を読み始めたのは...

    最強の作家への飛翔  2017年10月16日 16時39分
    関連キーワード   佐藤正午 本文
  10. 【古本屋の舞台裏】本当に素敵なチョイスに惚れ惚れ♪

    YOMISUKE

    選書からその方に少し近づいた気がして嬉しくなります。ちなみに今日のこちらはオージーのお客様のご選書なんですよ。クラシカルな作品から大作まで…本当に素敵なチョイスに惚れ惚れ。日本人として、私自身ももっと純文学に触れねば…とインスパイアされるわたくし店主なのでございます。さぁ、ご注文は揃いました。T様、楽しみに待っていてくださいね??当店のオンラインショップでは、日本の本を全世界にお届けしています。あなたの...

    FULL OF BOOKS ほんだらけブログ  2017年10月16日 14時29分
    関連キーワード  古本屋 舞台裏 チョイス

絞込検索

キーワード
カテゴリ
現住所
出身地
日付